化粧水を使う際

化粧水を使う際

化粧水を使う際

化粧水を使う際に、基本的に100回手でパタパタとパッティングするという方法があるようですが、この使用の仕方はやめておきましょう。肌が過敏な状態の時には毛細血管を痛めることになり毛細血管拡張症(赤ら顔)の原因の一つになります。典型的な大人の肌トラブルを引き起こす多くの原因はコラーゲンが足りていないことによるといわれています。肌のコラーゲンの量は年々低下し、40代の時点で20代の約5割程度しかコラーゲンを合成できなくなります。
そもそもヒアルロン酸とは生体内のほとんどの細胞にある、ぬるっとした粘り気のある高い粘性のある液体のことであり、生化学的に表すとムコ多糖類というゲル状物質の一つと解説できます。女の人は通常朝晩の化粧水をどういう具合に使うことが多いのでしょうか?「手でじかに肌につける」とうような返事をした方が圧倒的に多いという結果になって、コットンを使用する方は少ないことがわかりました。潤いを与えるために必要な化粧水を肌に使用する際には、はじめに程よい量を手のひらに取って、温かみを与えるような感じをキープしつつ手のひら全体に大きく広げ、顔の肌全体にやさしくそっと馴染ませるようにします。

ホーム RSS購読 サイトマップ